ニュース一覧

ダイヤモンドの種類

お金

ダイヤモンドジュエリーはデザインで査定されない

日本では西欧諸国同様、プロポーズの際にダイヤモンドのリングを贈る文化があるのです。これは日本の高度成長期にジュエリーショップがテレビコマーシャルでエンゲージリングをプロポーズする際に贈る文化を紹介したことがきっかけで、日本に広く定着したのです。そのため高度成長期に結婚した人は男性から大粒のダイヤモンドリングを貰っている人が非常に多いのです。しかしこうした高度成長期に結婚した人はすでに70代に突入しており、こうしたダイヤモンドリングを身につけずタンスの肥やしにしている人が多いのです。デザインも立て爪で古く、身につけたくないという人も多いのです。こうしたダイヤモンドリングは買取業者で売却した方が良いのです。買取業者はダイヤとプラチナ台を分解して転売するのでデザインの古さは査定額に反映されないのです。

シーズンを見計らって買取ってもらう

しかし最近のデザインのもので、オシャレでファッション性の高いものは買取業者は買取ってそのまま転売ショップで売却するのです。若い人に人気の高いブランドのデザインものであると、査定額は非常に高くなるのです。また高額査定を期待するのであれば、ダイヤモンドの評価基準であるダイヤモンドの4Cが高水準で満たしている物を買取業者にもって行くことが大事です。ダイヤモンドの4Cとはカット、カラー、クラリティ、カラットであり、すべてを高水準に満たしていると当然のことながら高額査定が期待できるのです。最近は中国やインドといった高度成長期を迎えた国でニーズが高まっているので、ダイヤモンドを売るなら今であると言えるのです。またクリスマスやホワイトデー直前に売却することでも多少買取額がアップするのです。